カメラと気づかれない「AISOUL ACアダプター型カメラSPW-025」レビュー(実際の映像、画像付き)

Wi-Fi(ワイファイ)スパイカメラ
スポンサーリンク

AISOUL ACアダプター型カメラ(SPW-025)

Wi-Fi対応の「Jayol HD1080P対応 監視カメラ」を購入したのでレビューします。

パッケージの箱には「VOTE COM」と書かれています。
商品パッケージの寸法は約:縦14×横9.8×奥行6cm。

AISOUL ACアダプターのパッケージ

開封~
商品はスポンジに包まれていて、しっかりと保護されています。

AISOUL ACアダプター

取扱説明書は日本語で書かれているので、順番に書かれている通りに設定していけば難しいことはありません。が、日本語の翻訳が少し変なのでわかりにくい箇所もあり。スパイカメラは中国製が多く、だいたい日本語が変です。

ACアダプター型カメラ取扱説明書

こちらが本製品。どっからどう見てもACアダプターにしか見えません。
カメラ穴が何処かわかりますか?

AISOUL ACアダプター型カメラ

答えはFCのロゴの「C」のところ!!
これは分からない!カメラとバレることはなく設置できますね。

ACアダプター型カメラのレンズ

レンズ箇所

横向き。サイズはとてもコンパクトで小さく、縦7.5×横4.7×奥行6.8cm。重量はたったの47.2g。凄く軽いです。

重量

ただ1点残念なのが、USB端子やケーブルが付いていないので、これ単体だけでコンセントに挿してると少し怪しいです。ダミーでも良いので、USB端子くらいは付けてほしかったです。

裏にはアプリにカメラを登録する際のQRコードとIDが付いています。
QRコードの下にはふたがあり、外すとメモリーカードを入れるスロットがあります。

裏にはQRコード

microSDカードを入れて使用する場合は、コンセントから外してから入れないと認識しません。

マイクロSDカードを入れて使用する

microSDカードスロット

仕様

サイズ 縦7.5×横4.7×奥行6.8cm(約)
重量 47.2g
視野角 不明(かなり狭いです)
画像センサ 不明
動画解像度 1920×1080pix
フレーム数 25FPS
赤外線LED なし
電池容量 なし
電圧/電流 DC 5V/1-2A
メモリー 最大32GB
防水機能 なし
対応システム IOS、Android
動画圧縮形式 不明
動画フォーマット 不明
写真フォーマット 不明

「HD eCAM」アプリ使用方法│設定方法

「AISOUL ACアダプター型カメラ」で使えるアプリは「HD eCAM」です。

取扱説明書のQRコードを読み取り、アプリダウンロードページへ行きます。
QRコードが読み込めない方は、下記のダウンロードボタンからどうぞ。

ダウンロードページ

HD eCAMアプリダウンロード

自分のお使いのスマホに合わせて、アプリダウンロードページを開きます。直接アプリをダウンロードしたい方は下記ボタンからどうぞ。

iOS android

ここから先はandroidでの説明ですが、iOS(iPhone)でも基本は同じです。

「インストール」を押してアプリをインストールし、開きます。
ここで製品を電源に繋ぎ、5秒ほど待ちます。

スマホのWi-Fi設定を開き、「JJ~」から始まるカメラのホットスポットに繋ぎます。初期パスワードは「12345678」を入力して「接続」をタップ。
アプリに戻り、どちらでも良いので「+」をタップします。

AISOUL ACアダプター型カメラWi-Fi設定

「ホットスポットモードの追加」をタップ。
「この端末の位置情報へのアクセス」を許可します。
位置情報へのアクセスを許可しないと、Wi-Fi情報を取得できません。取得後は位置情報へのアクセスを切っても大丈夫です。

ホットスポットモードの追加

検出されたデバイスが表示されるので、タップします。
デバイスの名前は自由に付けられます。次に、自宅のWi-Fiに繋いで「自宅のWi-Fiのパスワード」を入力して「次のステップ」をタップ。約60秒待ちます。

自宅のWi-Fiに繋ぐ

「AISOUL ACアダプター型カメラ」はカメラのWi-Fiと直接つないで見る「ホットスポットモード」と、自宅のWi-Fiと接続して見る「ネットワーク接続モード」があります。まずはホットスポット接続をしてから、次にネットワーク接続をします。

デバイスリストから「+」をタップ
「デバイスを検索」をタップするか、デバイスのUIDを入力し保存します。「デバイスを検索」が早くて簡単です。

デバイスを検索かデバイスのUIDを入力

検出されたデバイスをタップします。
追加に成功したら「完了」をタップ。

検出されたデバイスをタップ

登録されたカメラをタップします。
「写真、メディア、ファイルへのアクセス」を許可するか聞かれるので「許可」を押します。
許可を押さないと、録画データのスマホでの保存、閲覧ができません。

これでカメラに繋がり、見れるようになります。

ペットのインコを観察

ペットのインコを観察

使ってみての感想

さて、使用して1か月。色々とこの商品の良し悪しが見えてきました。
主観ですが、感想を述べて行きたいと思います。

アプリを見てわかる通り、機能はとてもシンプル。
この商品はスピーカー機能はないので使いません。

HD eCAM各種ボタン

HD eCAM各種ボタン

設定もシンプルで、わからないことはないと思うので詳細は割愛します。
この商品は赤外線ライト機能もないので、設定の赤外線インジケータは機能しません。

HD eCAM設定項目

設定項目

動体検知機能

動作検知の精度はとても優秀です。microSDカードを入れていると、過去の検知した動画がアプリから見れます。デバイスリストの登録カメラから「三」をタップします。

動体検知機能動画の見方

「歴史的なビデオ」をタップします。
それにしても変な日本語。中国企業にはまともに翻訳できる人はいないのでしょうか…

「歴史的なビデオ」をタップ

ここから過去の検知した動画が見れます。microSDカード内のデータをPCで確認できるかと思いきや、PCでは動画を確認できませんでした。

実際の映像・画像

カメラと対象物の距離は4~50cmほど。このような状態で撮影しました。

撮影状況

画角のイメージ

下記、無加工の実際の画像データです。

AISOUL ACアダプター型カメラSPW-025の画質

実際の画質

 

正直、お世辞にも綺麗と言い難い画質です。一昔前の数十万画素のカメラレベルです。画角も狭く、画質も汚い・・・う~ん。

実際の映像も綺麗とは言い難いです。音割れも酷く、雑音に聞こえます。

下記は動画再生中にキャプチャ録画をした映像です。動画の再生途中に、画面を上下に動かして確認している箇所があります。これはソフト側がスマホサイズに合わせられず、表示できない部分を動かして見ています。決して、カメラが動くわけではありません。

動画ビューワーの使い勝手

過去の動画は虫眼鏡アイコンをタップして、日付を指定して見ます。しかし、詳細な時間指定まではできないので、タイムラインの部分を指で動かして見ます。これがまた詳細な動きは出来ず、飛び飛びでおおざっぱな時間指定になってしまうため、結構ストレス溜まります。

動画ビューワーの使い勝手
なぜかアルバムに保存された動画は、自身の使っているスマホのビューワーが起動します。

インジケーターライト

ACアダプター型カメラ側面に、リセットボタンとインジケーターライトが付いています。

リセットボタンとインジケーターライト

インジケーターライトは暗闇だと明るくて目立つので、消しておきましょう。

インジケーターライトは暗闇だと明るく目立つ

明るく目立つ

インジケーターライトは設定から「確認表示灯」を「クローズ」にすると消せます。

確認表示灯をクローズ

追記

リアルタイムで閲覧していると3分ほどでネットワークが不安定になります。その度に一度戻ってから再接続を繰り返します。ネットワークは悪くなく、他のWi-Fiカメラでは問題ないので、この個体のせいだと思われます。再接続すれば再度見れるとは言え、毎度面倒ですね。

まとめ

良かったところ、悪かったところ

良かったところ(メリット)
  • 集音の感度が良い(けど良すぎて雑音が酷い)
  • カメラとわからない(ステルス性が高い・バレない)
悪かったところ(デメリット)
  • 画角が狭い
  • 画質が悪い
  • 本体にUSB端子やケーブルがないので、単体だと少し怪しい
  • ネットワークが3分で不安定になる

総評・点数

同価格帯の他の商品と比べ5千円前後の値段を考えると、お勧めできる商品ではないです。とは言え、この「カメラと分からない」点はスパイカメラとしてはトップレベルに良いので、証拠撮影等の絶対にバレたくない撮影の時には、そこそこ使えるのではないでしょうか。

また、使用していて気づいた点があったら追記していきます。

100点中/40点

購入できるショップ

タイトルとURLをコピーしました