バレにくい?Wi-Fi対応「USB充電ACアダプター型カメラ」レビュー(実際の映像、画像付き)

Wi-Fi(ワイファイ)スパイカメラ
スポンサーリンク

USB充電ACアダプター型カメラ

Wi-Fi対応の「USB充電ACアダプター型カメラ」を購入したのでレビューします。

開封すると商品本体がそのまま入っています。

USB充電ACアダプター型カメラ開封

付属品は

  • ACアダプター型カメラ
  • カードリーダー
  • 基本カバー
  • カバーシール×2種類
  • マニュアル

USB充電ACアダプター型カメラ付属品

カメラ部分正面には

  • カメラ(1920×1080/155°/F2.0)
  • 赤外線ライト(4つ)
  • インジケーターライト
  • microSDカードスロット(128GB対応)
  • モード切替スイッチ
  • リセットボタン

があります。コンセント部分には排熱用の穴あり。

カメラ部分正面の説明とコンセント部分

底面にはUSB充電用の端子(Type A用)。左側面にはマイク穴と思われる穴が空いています。集音は良くも悪くもなく、少しこもった音。

USB充電用の端子とマイク穴(?)

USB充電のものであれば実際に充電できます。
出力は電圧(V)が5.02、電流(A)が1.41。タブレットの充電も問題なくできました。

USB充電の出力

基本カバー(左)の上に、カメラとバレないように付属のシール付きカバーを貼り付けます。

基本カバーとシール付きカバー2種

下の画像、上が基本カバーのみ。下がシールカバーを貼り付けた状態。
だいぶ偽装できましたが、よく見るとカメラとわかるのでステルス性はいまいちです。

カバーを付けた状態

メモリーはmicroSDカード128GBまで対応。カードの向きは下記の写真参考。

microSDカード差し込み方向

繰り返し録画機能が備わっています。録画データがいっぱいになっても古いデータから上書きして保存されるので32GBもあれば十分です。32GBだとフル録画で4~5日分。アラーム録画なら状況によっては数週間は余裕です。価格的にも32GBが一番コスパ良いです。

海外サイトで購入したため、マニュアルは英語と中国語。基本、Wi-Fiスパイカメラはどれも設定方法は一緒なので、過去の記事を参考いただけたら迷うことはありません。(※日本のショップで買えば、日本語マニュアルが付いてきます。

USB充電ACアダプター型カメラのマニュアル

重量はたったの51.4g。とても軽いです。

USB充電ACアダプター型カメラの重さ

仕様

サイズ(約) 横4.6cm×縦4.6cm×奥行3.4cm(コンセント部分覗く)
重量 51.4g
視野角 155°
画像センサ CMOS
動画解像度 1920×1080pix
フレーム数 30fps
赤外線LED(不可視) 4個
絞り F2.0
電池容量 なし
メモリー 最大128GB
対応システム IOS、Android5.1以上
動画フォーマット AVI(M-JPEG)
写真フォーマット .JPG

「HDMiniCam」アプリ使用方法│設定方法

「USB充電ケーブル型カメラ」で使えるアプリは「HDMiniCam」です。下記のページで使用方法を確認できます。動作検知機能、動画ビューワーの使い勝手等も説明しています。

「HDMiniCam」アプリ使用方法│設定方法
「HDMiniCam」アプリの使用方法をわかりやすく解説したページです。初心者でもこのページをご覧になれば簡単に設定できます。

パソコンからの閲覧は、こちらを参照してください。

PCでipカメラを確認!「IPCFinder」のダウンロードと使用方法
ipカメラをいくつも設置していると、スマホだけだとチェックするのが不便な時があります。スマホの「HDMiniCam」アプリを使用しているカメラはPCからでも「IPCFinder」というPC用のツールを使えばパソコンからでも映像をチェックできます。仕事中にスマホが使えない場合でも、PCから確認出来たりするので便利です。

使ってみての感想

さて、使用して1か月。色々とこの商品の良し悪しが見えてきました。
主観ですが、感想を述べて行きたいと思います。

実際の映像・画像、赤外線LEDライトの見え方

視野角155°はどれほどのものか?YouTubeにアップしたのでご覧ください。

真ん中部分がぼやけて見えますが、これはシールカバーのレンズ部分に傷が付いているためです。中国製品はどこか必ず不具合がありますね…

赤外線ライトの視野は非常に悪いです。近くの物しかわかりません。

赤外線ライトのスナップ画像

下記は冷蔵庫と電子レンジですがなんだかよくわかりません。視野角が広いのに中心しかライトが当たらず、全体がわからないので夜の防犯には使えないですね。おまけみたいな機能だと思うしかありません。ないよりマシと言うレベル。

赤外線ライトのスナップ画像

動体検知機能

動作検知の精度は問題なく動作し、とても良いです。通知も来ますし、スナップショットもちゃんと撮れています。

インジケーターライト

インジケーターライトは下記のように光ります。
「設定」>「カメラ設定」>「その他の設定」>「作業指示ライト」から点灯の調整ができます。点灯を消すことはできませんでした。

インジケーターライトの光り方

まとめ

良かったところ、悪かったところ

良かったところ(メリット)
  • USB充電アダプターとして使える
  • コンセントから給電するので半永久的に使える
  • 視野角が広い
悪かったところ(デメリット)
  • シールカバーの品質が悪い(透過性)
  • 赤外線ライト使用時の視野が悪い
  • カメラレンズ部分が目立つ
  • インジケーターライトが消せない

総評・点数

せっかくUSB充電アダプターの形をしているのに、カメラレンズ部分が目立つのは非常に残念。ステルス性さえ良ければまだ他の部分は許せるのに…。ただ、遠目からはわからないので使い方によっては証拠撮影のカメラとして使えそうです。防犯カメラとして使うには明るい時のみ。ペットの監視も夜は使えないのでいまいちです。

また、使用していて気づいた点があったら追記していきます。

100点中/40点

購入できるショップ

まったく同じ商品はネット上になかったので、ほぼ同じ型の商品のこちらを載せます。

タイトルとURLをコピーしました